プロフィール

  • メールマガジン登録
  • 小林旭 公式ファンクラブ 新規会員募集!


プロフィール

本名:小林旭(こばやし あきら)

映画俳優・歌手
生年月日:1938年11月3日

1955年第3期日活ニューフェイスに合格し入社。
翌年10月に「飢える魂」で本格スクリーンデビューを飾る。
1958年の「絶唱」「完全な遊戯」などでその類い稀な表現力を見出され、1959年に後のイメージを決定づけた「ギターを持った渡り鳥」に始まる渡り鳥シリーズ「銀座旋風児(マイトガイ)」など、その他130本以上の主演作を持つ。

日活退社後はフリーとして「仁義なき戦い」ではそのストイックなまでの演技力を披露し東宝「青春の門」では男くさい男を演じ小林旭=アクションというイメージを払拭し本物の演技ができる俳優として確固たる地位を築く。

歌手としては1957年にコロムビアレコードより「女を忘れろ」を初レコーディング。次いで「ダイナマイトが150屯」が大ヒット その後も「旭節」と名 称までついた「ダンチョネ節」や「ズンドコ節」などが次々に大ヒット「さすらい」「北帰行」などの映画主題歌もヒットを飛ばし歌う映画スターから、演技と 歌の両極を完成させる真のエンターテイナーに昇華。

1964年クラウンへ移籍後は「自動車ショー歌」がロングランヒット!
「ついて来るかい」「純子」そして「昔の名前で出ています」がメガヒットとなり日本カラオケ史の幕開けを告げる記念碑的歌となる。 その後も85年「熱き心に」01年「昭和恋歌」など時代時代に象徴的な歌を残す。

2007年7月には自身20年ぶりの座長 公演 「無法松の一生」を大阪新歌舞伎座で公演。
多くの観客にリアリストとしての演技を魅せつけ役者としてのその存在感を改めて強く焼き付けた。

このように小林旭は他に類をみない役者としても歌手としてもメガヒットを多数持つ。2011年から夢グループに移籍。現在日本一ステージに立つ男として活躍中。